コットンケアからハンドケアへ!さらにピールローションを使う!

NathanInfo / Pixabay

肌を年齢に負けないようにケアしていくことそれが大事です。

そんなわたしのスキンケア日記です。

ここ最近までスキンケアはコットンを使ってケアしていたのですが、いまいち肌の潤いを感じにくく反対に肌の乾燥を感じやすくなったためスキンケアの方法をハンドプレスに変えてみることにしました。

今まではコットンでのスキンケアは衛生的でいいと思っていたのですが、コットンに化粧水・乳液両方とも吸われすぎてしまって肌が乾燥してしまうのでハンドプレスをしてスキンケアをすることにしました。

ハンドプレスでのスキンケアは指の隙間から化粧水が落ちて行きそうで勿体なくてしていなかったのですが、指と指の間に隙間を作らないように気をつけながら化粧水を落として手の体温を使って丁寧に顔に広げたらいつもよりも顔が潤っている時間が4時間も延びて肌の乾燥で悩むことはそれからなくなりました。

手の体温を使って丁寧に顔に化粧水と乳液を馴染ませたら肌がしっとりとする感じがコットンケアのときよりも体感できました。

手が冷えているときはヒーターの前に手をかざして温めてからハンドプレスでスキンケアをするとより潤いを感じます。

ピールローションを使うとコットンを使わなくてもさらに化粧水や乳液の浸透力がアップします。

ピールローションを使うとハンドプレスによるスキンケアでも大丈夫なのです。コットンより皮膚刺激を少なくすることができ、肌への負担が減らせます。コットンで肌を拭くと肌に刺激があるのがおわかりかと思います。

肌への刺激はNGですから、天然のピールローションで肌へのダメージを少なくしつつ、肌の角質を落とします。

肌への角質が残っていると化粧水の浸透力が減少します。そのため、その後の肌への美容成分が入りません。

これをなくすためにピールローションを使っていただく価値があるかと思います。